薬剤師の求人を出す調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などの企業

MENU

薬剤師の求人を出す調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などの企業

調剤薬局

 

薬剤師の求人を出している会社・業種としては、調剤薬局があります。調剤薬局とは主に病院などで処方された処方箋を基にお薬を提供する薬局のことです。医師の指示通りの薬を処方するのは当たり前のことで、その薬について飲み方、注意事項などを患者さんに分かりやすく伝える必要があります。これがいい加減だと病院にいった意味が無くなると言っても過言ではありません。それだけ大切な仕事になるのです。

 

おそらく何らかの病気で病院に行って処方箋をもらい、調剤薬局のお世話になった人は多いのではないでしょうか?その時、調剤薬局によっては長時間待たされてしまうこともあるでしょう。一般の薬も販売しているところもありますから、調剤しながらそちらの会計もしなければいけないので、てんてこ舞いになっているのを見た事はありませんか?調剤薬局は非常に人手不足で悩まされているのです。薬剤師の資格のある人で、高収入を望む人は製薬会社などに就職したがります。そして、薬剤師としての知識も経験も比較的少なく、とにかく身近で就職したいと思っている人はドラッグストアなどに勤務します。ですが、そのどちらでもない調剤薬局は特に人手が不足している現状なのです。そのため、それほど給料が高いわけではなく、それでいて病院からの処方箋を基に適切に処方したり、薬剤や患者さんの情報も管理しなければいけない責任もあるのです。ただ、近場で薬剤師のスキルを発揮したいと考えている人にはオススメです。

 

上記のようにあまり人気のない就職先ですので、比較的採用される可能性は高いでしょう。

 

 

 

ドラッグストア

 

最近はどこの地域に行っても、大手チェーンのドラッグストアが数多くあるのがわかります。薬剤師の求人を出している業者としてはこのドラッグストアも多くなっています。その理由としては、近年新しくドラッグストアを開店するチェーン店が増えていることもあります。もちろん、今のドラッグストアは薬だけでなく日用雑貨や食料品なども多く販売しているところもありますから、薬剤師ではない人も勤務しています。ですが、たとえ薬以外の商品が大部分を占めているドラッグストアであっても、必ず薬剤師が勤務しなければいけないと決められています。そのため新規オープンのドラッグストアではほとんど薬剤師を募集することになります。

 

ドラッグストアによっては、上記のように必ず置かなければいけないので、仕方なく名前だけの薬剤師を採用しているというところもあります。そのため、あまり薬に関して知識が多くない人が勤務していることもあります。また、お客さんのほうもそれを知っていて『ドラッグストアの薬剤師は名前だけで何もしないのだから、楽でいいだろ』というイメージを持つ人もいます。ですが、ドラッグストアに雇用されている薬剤師は、数多い一般の薬をすべて把握しなければいけないのはもちろんのこと、飲み合わせ、副作用、症状によって薬を選択しなければいけないなど覚えなければいけない事は多いのです。それが薬剤師の仕事なので当然と言えば当然なのですが、ドラッグストアの場合には、その他に商品陳列、管理、レジ打ち、清掃などさまざまな雑用まで行わなければいけないのです。そのため思ったよりもハードな仕事内容なのです。そのためイメージとのギャップ、仕事量の割に給料が安い、薬剤師以外の仕事が多いなど不満が多いのも現実のようです。そのため、すぐに辞めてしまう人も多く、常に求人が出されているというわけです。

 

 

 

製薬会社などの企業

 

薬剤師の求人を出している企業としては、製薬会社などがあります。その名の通り、新しい薬を開発、製造しているメーカーになります。調剤薬局やドラッグストアとは違い、患者さんと直接関わることはなく、日々新しい薬の開発に取り組んでいく仕事になります。まさに薬剤師としてやりがいのある仕事と言ってもいいかもしれません。そして給料の方も初任給こそ低いですが何年も勤務していると、年収1,000万円を超える場合もあるのです。また大手の製薬会社なら、倒産などの心配もなく安定した職業とも言えるのです。そのため、薬剤師の資格を取得したら、製薬会社に就職したいと思う人が多いのです。

 

実際、製薬会社の求人はあるのですが、応募する薬剤師も多いので、競争率は高くなりなかなか採用されないというのが現状のようです。しかも、求人情報誌などを見てもあまり掲載されていないのも現状です。では、どこで探せばいいかというと、やはり転職サイト、就職サイトに登録することが一番の近道です。企業側からすると求人情報誌に載せてしまうと、薬剤師としてのスキルが高くない人もダメもとで応募してきます。そのため何百人もの応募になると、それを処理するだけでも労力がかかります。そのため、就職サイトなどの非公開求人に掲載して、短期間で募集をかけるという方法をおこなうところが多いのです。それでも応募が多いので、その中から必要な人材を採用しようという考えなのです。

 

もしも、製薬会社で働きたいという場合には、一般募集よりも、非公開求人のあるサイトを利用してみると採用される可能性も少しはアップするでしょう。