薬剤師転職サイト利用のメリット

MENU

薬剤師転職サイト利用のメリット

求人数が多い

 

薬剤師が求人情報を探す時、少ない求人よりもたくさんの求人情報をチェックするといいです。少なければある程度妥協しなければいけないところが出てくるかもしれません。『本当は子供がいるから4〜5時間程度で雇用してもらいたいんだけど、なかなかそんなな都合のいいところが見つからない。仕方がないから、フル勤務、残業ありで申し込むしかない』という人もいます。条件に合う就職先が見つからないと、家庭にまで迷惑をかけてしまうこともあるのです。

 

逆に、たくさんの求人情報があれば、その中には自分の希望条件(給料、雇用条件、勤務時間など)に見合った求人が見つかる可能性が高いのです。特に女性は子守や家事もしなければいけませんので、条件はいろいろ出てきます。

 

転職サイトのメリットは、求人情報が豊富にあるというところです。そのため、自分の望む条件に絞ってみても数十件の求人は見つかる可能性があります。ハローワークでも求人情報は多いですが、最近は転職サイトのほうが多くなっていますし、見つけやすいかも知れません。また、全国各地の求人情報も見ることができますから、地域はあまり限定しないが雇用条件にはこだわりたいという人は特に転職サイトで見つけたほうが求人情報は豊富にあるので見つけられるでしょう。

 

ただ好条件の求人情報だと、多くの人が応募に殺到する可能性はあります。そのため、不採用となることもありえます。その覚悟で、面接やテストに全力を注ぐことです。

 

 

 

非公開求人がある

 

転職サイトを利用するメリットとして、求人情報が多いということがあります。ですが、転職サイトでは一般の求人情報の他に非公開求人情報があります。非公開求人情報とは、その転職サイトに登録した人しか閲覧・応募することができない求人情報のことです。なぜ非公開にするかというと様々な理由が考えられます。ひとつは誰でも閲覧・応募ができるような求人にしていると、その企業の応募者が殺到します。それがしかも大手の製薬会社や給料が高いとなると、さらに応募者が殺到してしまうでしょう。場合によっては数百人もの人が応募してくることもあるのです。それを一人一人面接するとなると、かなりの時間を要します。そうならないために、ある程度応募者を制限する意味で非公開求人に登録しているところもあるのです。

 

非公開求人の場合、応募者が一般の求人情報よりも少ない可能性もありますから、ライバルが少なくなる分、採用してもらえる可能性が高いでしょう。

 

転職サイトによりますが、全体の求人情報の約70〜80%が非公開求人といわれています。そのため、本気で転職・就職を探している人は、ぜひ転職サイトに応募して非公開求人を見てみるといいでしょう;

 

ただ、非公開求人ばかりでなくハローワークなどの情報もゲットしておくと、求人数が増えますが手間はかかりますが便利です。ぜひ1度検討してみてください。

 

 

 

無料

 

転職・就職をするためにはいくらお金をかけてもいいから、自分の思い描く職場に就職がしたいと思う人もいるでしょう。たしかに多少お金がかかっても、一生の仕事を見つけることができれば、給料の面や雇用の面では長期間なやむことはないでしょう。とはいえ就職のために無駄なお金をかけては意味がありません。できることならお金をかけずに就職でいればよりいいでしょう。

 

転職サイトのメリットとして、利用するのにお金は一切かからないのです。じゃあ、就職が決まったら後から請求されるのか、というとそういうわけではありません。じゃあ、転職サイトはボランティアなの?とも思うかも知れませんが、当然、慈善事業ではありません。そういった転職サイトでは、そのサイトを利用して薬剤師を雇用した調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などから報酬を得て運営しているのです。そのために利用者は一切お金がかからない仕組みになっているのです。

 

もちろんハローワークなどでも無料で求人情報をチェック出来るのですが、細かく言えばハローワークまで行く交通費はかかるでしょう。求人情報誌も高価ではないにしろ、購入するのにお金がかかりますし、応募する場合には電話代もかかることでしょう。転職サイトは一切かかりません。ただ、インターネット環境がない人は設備にお金がかかりますが、最近はほとんどの家庭でインターネットを引いていますから、問題なく利用できると思います。お金がかからないのですから、試しに利用してみてもいいでしょう。

 

 

 

コンサルタントのアドバイスを受けられる

 

薬剤師の転職サイト、求人サイトによっては専門のコンサルタントがいるところもあります。ハローワークなどでも相談員などがいますが、それは転職・就職に関する専門のコンサルタントですから、薬剤師に特筆したものではありません。もちろん、まったく役に立たないわけではありませんが、薬剤師の悩みや苦労などを十分に理解してくれるとは限りません。

 

薬剤師の転職サイトの専門のコンサルタントは、転職・就職に関してだけでなく薬剤師としての知識やノウハウ、業界の今の現状なども教えてくれます。また、その人がどんな会社に就職するのが向いているのか、避けた方がいいのかなどを専門家の立場からアドバイスをしてくれたりもします。また、自分はどういったスキルが必要になるのかなどもアドバイスしてくれます。こういったアドバイスはただの相談員ではとても知り得ない情報とも言えるでしょう。

 

特に薬剤師は、日々薬や治療法などが進化している業界に携わる仕事です。その割に女性が多い薬剤師にとっては、結婚や子育てなどで休職・退職を余儀なくされることもあります。そういったブランクがあると、不安な点やついていけない点も出てくるでしょう。そのため、女性にとってコンサルタントのアドバイスは非常に役に立ちます。どこに就職するか、どんな仕事がいいのかなど不安な点がある人は、企業を探す前に転職サイトに無料登録をして、コンサルタントに相談をしてみると解決策が見つかるかもしれません。

 

 

 

在職中でも探しやすい

 

転職サイトのメリットは、やはり仕事をしながらでも求人情報を探せるということでしょう。もちろん、在職中でもハローワークや求人情報誌で探すこともできます。ですが、土日祝日以外は必ず勤務というスタイルの会社に就職していて、残業もあるという場合には、営業時間内にハローワークに行くこともできないでしょう。求人情報誌は近くのコンビニなどでも購入でき、求人情報のチェックは仕事が終わったあと、夜にでも見ることはできます。ただ、応募は自分で会社に電話をかけることになりますから、まさか夜中に応募の電話をかけるわけにはいきません。そして土日祝日の昼間に応募の電話をかけようと思っても、その会社も休みだと応募もできません。実際、在職中に転職先を探すのは一苦労なのです。かといって、仕事を辞めてから求人情報を見るのも、求人が多い薬剤師とはいえ不安になることもあるでしょう。

 

転職サイトは24時間いつでも自宅のパソコンから閲覧できますし、もしも気になる会社があれば、たとえ夜中でも応募することができます。在職中に応募して、面接をおこない、内定をもらってから退職願を出しでもいいでしょう。そうすれば、すぐに仕事を始めることができるのです。また、転職サイトのコンサルタントによっては、円満退社のためのノウハウなどをアドバイスしてくれます。さらに退職を出すタイミング、書き方などもアドバイスしてくれますので、自分ですべておこなうよりもいいでしょう。

 

 

 

就職先が決まるとお祝いがもらえたりする

 

転職サイトを利用しても、貼り紙から応募しても、飛び込みで雇用をお願いしても、結局同じだろうと思う人がいます。もちろん、多くの人は近場のドラッグストアや調剤薬局などに就職するのが一般的ですから、わざわざ転職サイトを利用しなくてもいい、と考える人もいるでしょう。ですが転職サイトのメリットとして、就職先が決まるとお祝い金が貰えるサイトもあるのです。サイトによっては10万円というところもありますし、30〜40万円というところもあります。

 

就職が決まるだけでもうれしいのに、そんなお祝い金も貰えるなんて、騙されているんじゃないの?と思う人もいるでしょう。もちろん、なかには細かい条件があって最終的にはもらえないという詐欺まがいのサイトもあるかもしれません。ですが、たいていは少なからずお祝い金をもらえるようです。

 

サイト側の人間ではないので、詳細は分かりませんが、採用した業者から報酬が頂けるシステムなので、その金額がそれ以上ということなのでしょう。もちろんお祝い金を進呈するというのは、サイトを利用してもらうためのエサといえばそれまでですが、もしもそのサイトに登録されている求人が、自分の家の近くのドラッグストアなどがあれば、直接連絡するよりも、サイトを経由して面接を受けたほうがいいでしょう。結局は採用されるか、されないかは、その人のスキル、人柄などが一番ですから、どこを経由しても採用される人はされますし、不採用の人はおそらく何をしても不採用でしょう。同じところに就職するのですから、お祝い金はもらった方がいいですよね。

 

 

 

条件に合う就職先が見つかる

 

全国の薬剤師の比率は約半分は女性になっています。男性の場合は、正社員・給与面程度の条件は気にするでしょうが、それ以外は特に条件がないというのがほとんどです。ですが女性薬剤師にとっては、いろいろと条件が必要になることもあります。

 

女性の場合は、結婚や出産などのイベントがあります。結婚すれば相手の男性の家に嫁ぐために引っ越しを余儀なくされることもあります。もちろん男性も婿入りということもあるのですが、やはり割合的には女性の方が圧倒的に多いでしょう。また出産となれば、産前はぎりぎりまで働くことができても、激しい作業はできません。また、臨月〜産後は仕事はできませんから、会社によっては退職しなければいけない場合もあります。その際にも、産休扱いで雇ってくれるところがあれば助かります。そういった条件にあう求人を探すのも転職サイトなら求人も多いので見つけやすいでしょう。

 

また、保育所などに預けて仕事をする場合は、お迎えがありますので基本的に残業はできませんし、場合によっては午前中だけの勤務、3〜4時間だけの勤務ということもあるでしょう。実際に、そんな自分に都合のいい勤務体制なんてなかなか見つかるものではありません。ですが転職サイトを利用すれば、厳しい条件でも見つかる可能性があります。

 

また、子供が大きくなれば、土日祝日は仕事をせずに子供との時間を大切にしたいものです。ですが、ドラッグストアは基本的に年中無休ですから、休ませてもらえないこともあるでしょう。就転職サイト利用すれば、完全土日休みという条件でも見つかるかも知れません。もしもそんな求人がなくても、コンサルタントが交渉してくれるところもあります。