薬剤師転職サイトを選ぶポイント

MENU

薬剤師転職サイトを選ぶポイント

求人数

 

インターネットで検索してみると分かりますが、薬剤師の就職サイト、転職サイトは数多くあります。実際、どのサイトを利用すればいいか分からないという人も多いでしょう。ランキングなどを見てもランキングサイトによってもおすすめのサイトが違います。

 

転職サイトを選ぶ場合、まずは求人数で選ぶという方法があります。サイトによっては、常時3万件以上の求人情報があるところもありますし、数千件というサイトもあります。求人数が多ければいいという訳ではありませんが、求人数が多いサイトは少ないサイトに掲載されている求人情報と同じものが含まれている可能性が高いのです。大は小を兼ねるといいますが、まさにそれです。

 

求人情報が多いということは、特に雇用条件に細かい希望がある女性薬剤師には特にオススメです。正社員であればどこでもいいのでしたら、求人数が少ないサイトでも十分かもしれませんが、パートで働きたい、残業はしたくないなどの条件がある人はあまり求人情報が見つからない傾向にあります。もちろん求人数が少なくてもヒットする求人情報があるかもしれません。そして、それが完全に自分の条件に見合うところならいいですが、『ここしかないから、ここにしよう』と妥協してしまう可能性もあります。求人数が多ければヒットする求人も多いので、『こっちよりも通いやすいし、給料の面も優遇されているから』というように、その中から自分で選ぶこともできます。

 

まずは、求人数が多いサイトを利用してみると、いいかもしれません。

 

 

 

大手企業

 

転職サイトを選ぶ場合のポイントとして、大手企業を選ぶという方法もあります。実際、就職・転職サイトは数多くあり、なかにはスタッフの対応も遅く、適切な処理をしてくれないサイトもあります。場合によっては、自分の希望した条件とは違う求人を紹介されたり、『希望の条件に見合う求人が見つかりましたので、代理で応募いたしました。面接はこの日になります』などと強引に進めてしまうところもあると言われます。

 

ほとんどの人は、こういった転職サイトは利用する機会が少ないでしょうから、なかなかサイトを見抜くことができないでしょう。ましてや『求人数が最大級』、『常時5万件の求人があります』とうたっていても、私たち一般人からすれば、実際にその数の求人があるのか数える人もいないでしょう。そのため数千件しかないのに、信用してしまう人もいるかも知れません。

 

安心できるサイトを見つける方法としては、大手企業、老舗の企業が運営しているサイトを選ぶ方法があります。大手企業であれば、万が一悪徳まがいのことをすれば、大手企業のネームにキズがつくことでしょう。そのため、100%とは言い切れませんが、安心して利用できるサイトと言えるでしょう。また、大手企業となると求人を出す企業側からしても安心して登録出来ますから、その結果、求人を出す企業も信頼できる会社が多く、全体の求人数も多くなってくるでしょう。サポート体制も充実しているところも多いですから、大手企業は候補の一つに入れておかなければいけないでしょう。

 

 

 

評判

 

もしも自分が以前に薬剤師の転職サイトを利用して就職したのなら、そのサイトについてある程度わかることでしょう。ですが、実際はそう何度も転職することはないですから、すべてのサイトを把握するのは不可能です。ですが、自分一人では分からなくても、全国にはたくさんの薬剤師がいて、サイトを利用する人もいるでしょう。そういった人達からの評判を聞くと、そのサイトがどのようなものであるか分かります。

 

転職サイトを選ぶ場合、そういった評判のいいサイトを利用するというのもひとつの方法です。また薬剤師の転職サイトのランキングを掲載しているサイトもありますから、そういったものを参考にしてもいいかもしれません。ただ、口コミサイトを参考にする際は、そのサイトが第三者的な立場からコメントしているのか、どこかの転職サイトを持ち上げるようなサイトなのかは見極めなければいけません。

 

評判を確認する場合のポイントとして、いい評判よりも悪い評判をチェックする消去法がいいです。ひとつのサイトを持ちあげるような口コミでは、そのサイトのいい点をアピールします。本当の口コミをする人は、『このサイトを利用したらスタッフが最悪だった』、『ここはやめた方がいいです』などというコメントを残します。多くの人はいい事よりも悪いことの方がコメントしたがるものです。そのため悪いコメントこそ信頼できるといえるでしょう。そういった悪い評判をチェックして、そこは除いていけばおのずと評判のいいサイトが見つかるはずです。

 

 

 

サイトの使いやすさ

 

いろいろな薬剤師の転職サイトを見てみると、デザインなどはまちまちです。また必要事項の入力や、検索の条件なども若干違ってきます。サイトによっては、そのサイトの内容もあまり分からずに、すぐに登録する形式のサイトもあります。薬剤師の転職サイトを選ぶ場合、自分にとってどのサイトが使いやすいのかで選んでもいいでしょう。

 

サイトがどのようなメリットがあるのか、検索条件がどのようなものがあるのか、求人情報が見やすいかなどで判断してみてもいいでしょう。薬剤師の転職サイトはほとんどが無料で利用できますから、まずは気になるサイトに登録をしてみて、実際に使ってみるといいでしょう。ひとつのサイトだけでは使いやすさは分かりませんが、複数のサイトを利用してみれば、その中ではどれが使いやすいかがわかるはずです。他の人はこっちのサイトの方が使いやすい、といっていても自分にとって使いにくければ意味がありません。

 

また、最近は少なくなってきましたが、サイトによってはシステムの不具合が頻繁に起こるところもあるようです。登録していてそういう不具合がある場合には避けた方がいいでしょう。一概には言えませんが、薬剤師の転職サイトを検索して、上位にヒットするようなサイトは比較的システムに関しても重視しているところが多いですから、それで選んでみてもいいでしょう。

 

見ただけでは分かりませんし、他の人の感想を聞いても参考になりませんから、サイトの使いやすさに関しては、実際に利用してみてからのほうがいいでしょう。

 

 

 

祝い金などがある

 

薬剤師の転職サイトによっては、そのサイトを利用して就職が決まると、お祝い金が貰えるというサービスをおこなうところもあります。転職サイトを選ぶ場合、お祝い金が出るサイト、お祝い金の金額が大きいサイトを選ぶという方法もあります。転職サイトはたくさんありますが、実際は同じ会社の求人がどこのサイトにも登録されているということが多々あります。どこのサイトを経由しても、最終的にはその求人を出している会社と、自分との面接で採用が決まるわけですから、もしも同じ求人情報があるなら、お祝い金があるサイトを利用した方がお得でしょう。それも数万円ではなく、サイトによっては30万円、40万円というところもあるのです。

 

ただ、注意しなければいけないのは、なぜお祝い金を出すサイトと出さないサイトがあるのかということです。お祝い金を出す理由は、そのサービスによってサイトを利用して就職する人を増やすためです。逆にお祝い金を出さないで運営しているサイトは、お祝い金を出さなくても、求人数やその他のサービスで利用者が確保できているのです。ということは、お祝い金を出しているサイトは、あまり人気がないといえるのです。もちろんそれは悪徳サイトという訳ではなく、知名度や求人数が少ないという理由でしょう。そのため、もし、自分の希望する求人情報があれば、お祝い金を出すサイトの方を選んでもいいのです。ただ、お祝い金が出るからというだけでサイトを選ぶのも、就職後の給料などの面で損をすることもあるかもしれませんので、慎重に求人選びをしなければいけないでしょう。

 

 

 

サポート体制

 

薬剤師の転職サイトを選ぶ場合、サポート体制で選ぶ方法もあります。転職サイトによっては、ただ求人情報が多いだけのサイトで、何もサポートがないところもあります。もちろん、何もサポートは要らない、自分で探して手続きだけしてもらえばいいという人もいるかもしれません。そういう人はサポートのほとんどない求人サイトを利用してもいいでしょう。

 

ですが、薬剤師といっても、未経験の人やブランクがある人、いろいろ細かい条件がある人などは、サポートがあると助かります。また、あまり転職などをしたことがない人は面接や履歴書の書き方などもあまり分からないという人もいるでしょう。そういった場合に、利用者をサポートしてくれるコンサルタントがいると非常に便利です。コンサルタントによっては、自分のスキルを見極めて、どういった職場の方が向いているか、そしてそれに合う求人はどれかなど親身になって相談に乗ってくれます。また、求人の会社にはいいにくい給料や雇用条件についても代行して交渉してくれますので安心です。

 

ただ、サイトによってはコンサルタントがいても、数が少なく他にも登録している人と相談をしているので、なかなか相談に乗ってくれないというところもあります。あまり評判の良くないサイトというのは、こういったサポート体制が中途半端なところなのです。もし、コンサルタントの人数がわかれば、それを比較してみてもいいでしょう。全国には何百、何千という薬剤師の求人を探している人がいます。極端な話、100人の人がいて1人しかコンサルタントがいなければ、いつ自分の相談の番になるのかわからないでしょう。

 

そういったサポート体制で選んでみてもいいでしょう。

 

 

 

複数のサイトに登録

 

薬剤師の転職サイトはたくさんあります。実際、どこのサイトを見てもいい事ばかり書いていますし、ランキングや口コミを参考にしても、一つに絞るというのは難しいでしょう。実は、転職サイトは何もひとつに絞らなくてもいいのです。むしろ複数のサイトに登録した方がいいです。ほとんどの転職サイトでは、登録料は無料ですから、サイトからのメールが気にならなければたくさんのサイトに登録しても構いません。

 

転職サイトでチェックする求人情報は、同じものが含まれていることも多々あります。ですが、こちらのサイトには載っているが、もう一方のサイトには載っていないというケースも多々あります。自分の条件に合った求人情報を見つけるためにはたくさんの求人情報をチェックすることが一番です。たくさんの求人があれば、自分の条件にヒットする企業も多く、そのなかからチョイスすることもできます。基本的に転職サイトを選ぶ際には求人情報が多いところ、というのがありますが、複数のサイトに登録すれば、より多くの求人情報を見ることができます。

 

ただ、複数のサイトに登録すると、場合によっては自分自身でもどのサイトで申し込んだものなのか分からなくなることもあります。またメールもたくさん来ますから、それも苦痛になる時もあります。そのため、せいぜい3〜4社ピックアップしてみて、求人情報をチェックするようにすればいいでしょう。また複数のサイトに登録すれば、使いやすさなども分かりますから、それを確かめてダメなところはメール配信停止をすれば問題ありません。